ハロン湾へようこそ

皆さん、ベトナムのハロン湾という観光地を聞いたことがありますか?

きっとハロンという地名はどういう意味を持つのか考えるのでしょう。ハロン湾の「ハ」は降りる、「ロン」は龍という意味で、つまり、ハロン湾というのは龍が天から降りて海の中で遊んでいるところです。まさに、地名のとおり、この海の無数の島々が絶妙に配置してこの絶景を仕上げたのです。

ハノイから車で3~4時間ぐらいの距離にあるハロン湾は水墨画に出てくるような島々が点在する観光地として有名です。1994年に世界遺産に指定されまし た。

港には沢山の船が係留されていて、遠目に見ると、ヨットのマストが並んでいるようです。数千の岩々が海上に林立するさまから「海の桂林」とも呼ばれています。ハロン湾は広さが約1500平方キロメートルで、約3000の島や珍しい形の岩があり、そのうち、1000の島には名前がつけられています。

ハロン湾の見所がありすぎて、日帰りクルーズではとても見切れないのです。船に乗って、ゆっくり観光して,すばらしい夕焼と朝の景色を見るために最低1~2泊のクルーズをお勧めいたします。珍しい形の岩に囲まれている海を船で遊覧すると、水墨画の世界にいるかのような気分になります。

船の中でのんびり窓からの景色を見て、何か冷たい飲み物を飲むと、とてもいい気持ちになります。船のデッキで立ちあがって、夕暮れのすばらしさのなかでハロン湾を眺めると、写真を何枚も撮りたくなるでしょう。

空の色が、濃い藍色から青、そして紫へと刻々と変化します。帆をあげた船、後ろには林立する奇岩群、そこに沈んでいく真っ赤な夕日。まさに絵に描いたような風景です。

ハロン湾に行くなら、6月から11月がベストシーズンです。4月から8月はベトナムの夏ですから、海で泳いだりするには最適です。

ハロン湾は本当に一大ワンダーランドで はないでしょうか。皆さん、いつかぜひハロン湾に行って、その美しさを目で見て感じてください。きっとあなたに一生忘れられない思い出になるのでしょう。ハロン湾へようこそ。

Aisu chan

Leave a Reply